スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

no.25

仕事で恵比寿へ。久しぶりのスーツ。

恵比寿ガーデンプレイスタワーの周辺。
やっぱり都会を感じさせる。
苦手だ。苦手過ぎる。

それはぼくが田舎者だからか。
知らずに持っている都会への憧れの反発なのか。(たぶん持ってない)
小奇麗そうな人が多いからか。
単純に人が多いからか。

こんなところにいたら、体も心も迷子になる。
そんな気がした31歳。



スポンサーサイト
2009-11-30 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

no.24

亀田vs内藤をTVの前で観戦。

亀田選手を応援するぼくは、内藤選手がコールされる際の「国民の期待?」という言葉にちょっとムカつく。
「国民」って言われるとぼくも入っている訳で、その一方的なコールに「おいおい」と思わずにはいられないのだ。
「期待」ってのも気に入らない。何に対する何の期待なのか。
好き嫌いはいい。でもそこに善悪がある訳ではない。
何に対する何の期待なのか。
内藤選手は嫌いではない。あくまでもコールに対して。

1Rがあっという間に過ぎる。

ひーに解説しながら自己満足するぼく。
でも、ひーは殴ったり殴られたりするのを見るのが嫌いだから、たぶん話半分で聞いている。
台所に立ち続けている。

試合は亀田選手の勝利。
すばらしい試合だった。


2009-11-29 : 未分類 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

no.23

ひーとハルは朝から新宿へ。
ぼくはメイを連れてブラブラと過ごす。

ユニクロ、ビレバン、ディスクユニオン、ハンズ、タワレコ。
子供と二人でゆっくり遊ぶという選択肢をぼくは持ち合わせていないらしい。
まだクリスマス色全開という訳ではないけど、ほんのり色づいた店内をブラブラした。

ビレバンでメイにウサビッチの人形をねだられて、買う。
ぼくもビレバンで宮崎吐夢の「今夜は店じまい」のDVDが欲しくなったけど、我慢。
ま、3日もすれば要らないと思えるはずだ。
でも、タワレコで聴いたニルヴァーナの最新ライブDVDは欲しいな。あれは興奮する。

その後、ひー、ハルが合流して、ブラブラ過ごす。

ブラブラは止まらない。


2009-11-29 : 未分類 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

no.22

IKEAに行く。
初めて訪れたその場所をぼくはとても気に入った。
子供向けのモノは特に素晴らしくって、レストランも家族連れでもくつろげて、まぁ、とにかく気に入ったんだ。

初めて行く場所は勝手が分からなくて、その分からない具合がとても楽しい。
分からないことを恥ずかしく思っていたのは一昔前。今は分からないことに身を置くのがとても楽しい。

スタンド式のお絵描きボードを購入。
「子供に」なんて言って買ったけど、家に帰って、早速ひーと二人で絵を描いた。

ぼくは似ていないビートルズ4人。
ひーは家族4人。
それはとても似ていた。


2009-11-26 : 未分類 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

no.21

メイをリトミックに連れて行く。
線路沿いの道。電車がぼくとメイを追い越して行く。
コート要らずの暖かさ。

向かう途中、新しく出来たパン屋さんの前を通り過ぎる。
この半年くらいで駅周辺には3軒もパン屋さんが出来ている。
パン屋とクリーニング屋がやたら多い町だ。

メイとはまだ会話にはならないけど、ぼくが言っていることがだいぶ分かるようになってきたと思う。
あと2ヶ月で2歳。

ママさんたちに交ざって、一人パパのぼくは見よう見真似で歌い踊る。
その出来は、メイとそう大差はない。


2009-11-26 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.20

仕事の昼休み。駅の方からマーチングバンドの演奏が聴こえてくる。
普段耳慣れない音楽が聴こえて、祝日だということに気付く。

演奏だけ聴いていると、ここが日本じゃないような気がした。
外国に行ったことないけど。

ヨーロッパのどこかの国、風船、それを受け取る子供、そんな映像を頭の中に描いてたら、なんだか楽しくなった。

現実のドアを押すように、ぼくはコーヒーショップに入る。
うん。ここはジャパン。


2009-11-23 : 未分類 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

no.19

草野球に行く。1年と3ヶ月ぶり。

単純にボールを投げる、追いかけることが楽しい。
久しぶりに体を動かす筋肉の悲鳴と歓喜の叫び。
体中のあちこちで声があがる。
そんな声に耳を傾けながら、ぼくは満喫した。

メンバーは昔みたいに集まれない。それは一人一人の生活の変化の末だから仕方ない。
だから、7年目を向かえようとしているこのチームをまとめている監督は大変だと思うし、すごいことだと思う。
継続することはすごくパワーがいることだ。
こうやってぼくが楽しめるのも“場所”があってのこと。
ぼくにその“場所”があって良かった。嬉しい。

寒空の下。センターを守るぼく。遠くでは子供の笑い声。
ぼくはチームメイト全員を視界におさめながら、そんなことを思った。


2009-11-22 : 未分類 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

No.18

出かける前に金魚(ドジョウも入ってる)の水槽を洗う。
最近、水の濁りが早い。

頭を空っぽにして、ひたすら洗う。
頭空っぽが気持ちいい。

ピカピカになった水槽に金魚を移して、ぼくの気持ちもスッキリ。
水槽を洗うといつもこのスッキリ感で満たされて気分爽快になる。

金魚が泳いでる。水槽の中。

金魚よ。お前さんはどこの国から来たんだい?
海でも川でも田んぼでも見かけないじゃないか。
見るのはいつも水槽の中じゃないか。
まぁ、いいさ。
仲良くやろうじゃないか。


2009-11-21 : 未分類 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

no.17

部屋中パンの匂いでいっぱい。
ここ3、4日、ひーは真夜中にパンを作っている。

ぼくは焼きたてのパンをすぐに食べたい。
180度で焼き上がったばかりのパン。
今日のパンは中にあんこが入っていて、そのあんこがものすごく熱くて、やけどしたかと思ったけど、大丈夫だった。
美味しい。

寒い寒い冬がやってくる。
香ばしい匂いが寒い部屋を暖める。


2009-11-20 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.16

ひーはハルを連れて音楽教室へ。その間、眠っているメイをベビーカーに乗せてブラブラと散歩。
メイが寝ているから、ゆっくりコーヒーでも飲みながら本でも読もうかと思ったら、お店に入る直前でメイ起きる。
仕方なく予定を変更して公園へ。

PM2:30。

太陽はずいぶんと傾いている。
枯れ葉がぼくの体にあたり続ける。
メイはぼくに近づいたり離れたり。楽しそうに遊んでいる。

太陽も木々もメイも毎日ちょっとずつ変わっていく。
もちろんぼくも。
変わらないのはぼくだけなんてことは決してない。


2009-11-18 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.15

昨日のこと。ぼくは2日後に誕生日を控えていて、我が家ではぼくのお誕生日会が開かれた。
「お誕生日会」っていくつだ。31だ。いいじゃないか。

なんで2日前かと言ったら、誕生日は仕事で休めなくて、「家族全員揃う日に」って、ひーが決めたんだ。
ハルは何度もおめでとうって言ってくれて、歌もうたってくれた。メイも何だかはしゃいでる。

形よりも気持ち。

誕生会は誕生日になんてつまらないことを言ってはいけない。
家族全員に祝われるそのことが何よりも嬉しかった。

形を重視すれば気持ちが薄れる気がして、気持ちを重視すれば形式めいたものに意味なんて感じなくなりつつある。

結婚式やお葬式の逃げ道に“気持ち”を盾にしようとするぼくはダメなんだけど。
それはそれとして。

ひーから欲しかったTシャツと財布をプレゼントされる。
今朝、そのTシャツに袖を通そうしたけど、なんとなく気分の良い日に着たくなって、次の休みの日までとっておきたい気持ちになった。

ぼくはいつものTシャツを着て仕事に向かうことにした。


2009-11-16 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

no.14

ぼくの上着のポケットには変なモノが紛れ込むことが多い。
それは大抵、休みの日と休みの日を繋ぐ、いわゆる働いている時に気付くことが多くって。

今日、ペンだと思って取り出されたそれはシャボン玉のストロー。黄緑色のよくあるやつ。
この前はロッカーの鍵だと思って出したら戦隊もののキーホルダー。
あるときはチョロQが出て来たり。

仕事中、幾分か気の張ったぼくの心がほっと無防備になる瞬間。


2009-11-14 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.13

23時過ぎ、酔っぱらったサラリーマンと「次どこいくー?」なんて会話が聞こえてきそうな若者たちの間をすり抜けて、金曜日の夜を感じながら帰宅。

昨日、天皇陛下の即位20年記念式典が行われた。
チラッと見たテレビで皇后陛下が「高齢化が常に“問題”としてのみ取り扱われることは少し残念に思います。本来日本では還暦、古希など、その年ごとにこれを祝い、また、近年では減塩運動や検診が奨励され、長寿社会の実現を目指していたはずでした。」と言っていた。

胸にグサっときて、ハッとして、涙が出そうになった。


2009-11-13 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.12

昨日のテレ朝の報道ステーション。番組の一枠を友人が手がけていたので見ることにしたんだ。
大学から映像関連の勉強をしていた彼が、ディレクターとして作った番組。

映像から友人の匂いを嗅ぎ分けようなんて思って見始めたけど、途中からは内容に夢中になってしまって、もう誰が作ったかなんて忘れて見てた。

作品においては、誰がとかじゃなくて、そのことが何よりも大切なことだと思う。
音楽も絵も映像も何だって。極論、誰がなんて情報は不要だと思う。
その方が作品の本質が見える。

すげーぜ、ブラザー。


2009-11-13 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.11

外は寒い。
午前中は病院、午後はハルを幼稚園に迎えにいって、そのあとビレバンへ。
週一くらいのペースでビレバンへ行っているけど、何も買わないことの方が多い。それでいいのだ。あの店はおもちゃ箱に飛び込んだみたいな楽しさがある。そこに身を置くだけでいい。
今日もいくつか小説を流し読みして、「ウォーリーを探せ」を見る。ウォーリーの奴、相変わらずこそっとしてやがる。

ひーが帰りがけに原作の初期のスヌーピーの絵をを見て、「あのスヌーピーうける。すごいバッタもんだよね。」と笑いながら言っていた。
ひー、あれは本物だ。


2009-11-12 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.10

仕事が終わり、外に出ると雨。昼間、見るでもなくなんとなくついていたテレビから聞こえてきた天気予報は当たった。
仕事場から傘を拝借して帰宅。

雨音が聞こえる。
明日も雨かな。

雨に気分が落ち込む人もいれば、恵みの雨と喜ぶ人もいる。
雨で楽しみにしていたディズニーランドが台無しになってしまう恋人たちもいれば、買ったばかりの長靴を履けることを喜ぶ子供もいる。
いろいろだ。

単純に「雨だな。憂鬱だな。」なんて言っていた頃もあったけど、今はどこか遠く喜んでいる誰かのことを想像しながら雨音を聞いている。

20代半ば、「止まない雨はないから大丈夫さ」的な詩を書いたことがあった。
30代、「雨が降ったぜ!どこかの誰かはやったぜベイベー」的な詩を書きたい気分。


2009-11-10 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.9

ハル遠足に行く。集合時間が早く、いつもより早く起きてハルを送っていく。
ひーとメイをおいて、ハルと二人家を出て、いつものように幼稚園へ行くと、誰もいない。本当に誰もいない。
集合場所を間違えたに違いない。

急いで戻るとそこには「何やってんのー」とひー。怒っているのか飽きれているのかは分からない。
やっぱり集合場所を間違えていた。
遅れまいとひーをおいて先に家を出たのに、結局最後の合流。

30秒ほど反省。
ま、そんなこともある。いや、どちらかというといつものことだ。

家に帰って、ついさっきの誰もいない幼稚園のことときっとパニック顔になっていたであろう自分の顔を想像して一人笑いそうになっていたら、ひーに見られて「何笑ってんのー」と言われる。やっぱり怒っているのか飽きれているのか分からない。

こんな旦那さんであり、こんな父親だから、ひーとハル、メイには頑張って欲しい。
あくまでもぼくは頑張らない。というか何を頑張れば良いか分からない。
ひー、ハル、メイ頑張れ。


2009-11-10 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.8

仕事の昼休み。よく行くコーヒーショップに見慣れない店員さんがいる。
たぶん新人であろうその店員さんは慣れない手つきで一生懸命働いている。

いつもと同じコーヒーショップはその店員さんがいるだけでいつもとは違う。

この一生懸命さはあと1ヶ月もすれば失われてしまうのかもしれない。
それは、店員さんの一生懸命さが失われるというよりぼくの見方の問題なのかもしれない。
いずれにしても、そこにあるのは良くも悪くも慣れなんだな。

なんだっていいや。
今日も変わらずアイスコーヒーはうまい。


2009-11-09 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.7

映画「クローズZERO?」をTSUTAYAで借りて観る。
メッセージ性の強い映画も嫌いじゃないけど、やっぱり映画は頭をそんなに使わなくて、ワクワク、ハラハラ、ドキドキしたものがいい。今はそんな気分。
俳優が格好よくて観ているだけでも楽しい。

トップに立って人をまとめるってのは、仕事も不良の世界も変わらない。

24時。ぼくとひーの言葉遣いは不良と化して眠る。


2009-11-08 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.6

金曜の夜。職場の前の上司と飲む。
8ヶ月ぶりに会ったけど、まるで変わらずに元気そうだ。

ぼくは彼の言葉一つ一つが好きで、相変わらずその言葉に噛み付いたりもしたけど楽しい。

会話のキャッチボール。
胸元にとりやすいボールを投げる人、豪速球を投げる人、変化球ばかり投げる人。
色んな人がいるけど、彼は「そんなところからボールが来るんかい」という感じで楽しい。
出どころが滅茶苦茶というより、違った角度の違った視点。

翌朝、大量のおしっこと一緒に流れていくであろう数々の会話。

元気を与えてくれる人。元気を奪う人。
誰かと話したあと、大抵どちらかが残る。

気付けば8時間も飲む。
すっかり終電を逃して、始発で帰る。

始発電車の独特の雰囲気が好きで、みんな同じように眠そうだけど、ついさっきまでの笑いや喜び、怒りや悲しみ、愛だとか。そんな余韻が発せられていて。
ぼくもその雰囲気に紛れて、夢と現実を行ったり来たりする。

月と太陽がバトンタッチをするころ、ぼくは布団の中へ。
体はたぶん疲れている。それでもぼくは元気。


2009-11-07 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.5

夜。今日からツリーが点灯されるってことで南町田のグランベリーモールへ。
キラキラした世界。かわるがわるツリーの前で記念撮影が行われている。
ハルはその雰囲気にビビってて近づこうとしない。メイはおかまいなしに人混みへ突進していく。(海でもそうだ。)
対照的な二人をカメラにおさめ、グランベリー内のフードコロシアムで夕飯。

コロシアム=格闘場というイメージがあって、「何を闘うんだ?」と家族に悟られないように一人意気込んでいたけど、デパート内にあるフードコードをとにかく洒落た感じにしたようなところで、特に格闘はなかった。
でも、その空気感と家族でくつろげるところがすごく気に入った。
日本食、アジアの料理、イタリアン、ハンバーガーといった感じでジャンル分けされていて、ひーはフォー、ハルとメイはピザ、ぼくは天丼を食べた。
ピザの受付の店員さんが日本人だったのに対し、天丼(=日本食)を受付ける店員さんは外人だったのが少し可笑しかった。

ツリーに灯がともる。
この光がセンチメンタルなものだったののは数年前のこと。
今はサンタになることに浮かれてる。


2009-11-03 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.4

朝、近所で行われていた催しものに行く。
無病息災を祈願して豚汁が配られたり、バザーやビンゴなどが行われる近所のイベント。
カタカナのイベントという言葉がしっくり来ない催しもの。
手作り感全開のこの催しものの雰囲気が好きで、昨年から顔を出している。
でも、朝早くってこともあって、とにかく寒くって。
新鮮朝市でみかんを買って帰宅。

体が冷えきっていたから、家族4人で布団に潜り込む。
体温で少しずつ布団が温まっていく。
少しずつ。徐々に。
この温もりは世の中で一番優しい性質で出来た温もりだと思う。


2009-11-03 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.3

長男ハルに「仮面ライダーごっこをしよう」と誘われる。
「ハルが仮面ライダーでお父さんは悪ものね」と勝手に役を割り当てられる。
“悪もの”という設定に納得がいかなかったぼくは“ジーパン刑事”になることをハルに伝える。

そう、『太陽にほえろ!』の“ジーパン刑事”。
もちろん3歳のハルが“ジーパン刑事”がなんなのか分かる訳もない。

という訳で、仮面ライダーvsジーパン刑事が始まる。
滅多に見れない好カードだと思い、すこしぼくも心がおどる。
仮面ライダーの攻撃にやられてしまうジーパン刑事。
その度にあの有名な殉職シーン(「なんじゃこりゃ?」)。
ぼくはそのシーンを演じるだけで楽しい。ハルも楽しそうだ。

どうせやられるなら、カッコいいほうがいいに決まってる。
どうせやるなら、お互い気持ちがいいほうがいいに決まっている。


2009-11-02 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.2

夕方、家族4人でスタジオに入る。
ひーはドラムの練習。ぼくはギターの練習。というより、途中から慣れないチューニングで弦と格闘。

帰りにスーパーによると、レジで“ぼくが食べたくて買ったお菓子”にシールを貼られて、息子に手渡される。もちろん「それはぼくの」とは言わずにしれっとスーパーを出る。

スタジオから見えた月は雲の隙間から出入りを繰り返している。
今日は雨が降ったり止んだり。明日は晴れるかな。


2009-11-02 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

gabba-king

Author:gabba-king

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。