スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

no.51

5連休の夏休み。

ぼくは家族とこの上なく目一杯遊んだ。

ディズニーランドに2回行って、船も2回乗った。
うまいかき氷も食べたし、花火も見れた。

無計画ではあったけど、とても楽しかった。


何処へ行ったとか、何をしたとかは然程重要ではない。

ハル、メイが笑って、ぼくとひーが笑って、何かの拍子に思い出してニヤっと出来ればそれでいい。

思い出して笑うには十分過ぎる夏休み。

最高の夏休み。
スポンサーサイト
2010-08-30 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.50

いつもより遅い昼食をいつものドトールでとる。

隣に座った男性はずっと独り言。
ぼくは聞こえないふりをしてコーヒーを飲む。


ぼくには毎日顔を合わせて話す人がいる。
それはとても幸せなことだ。
2010-08-02 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.49

ジョン・レノンミュージアムへ行く。

9月に閉館してしまうこの場所。
たぶん行ったのは5回くらい。
毎回何かをリセットするように、そして前へ進む力をもらいにこの場所へ。

ぼくはジョン・レノンが好きだ。
それは彼の音楽が好きということではなく、彼という人間が好きだ。

ぼくらと同じようなことでつまづいてみたり、嘆いてみたり、影響を受けてみたり。
人間らしく。

彼はその度に行動を起こし、そして形にしていく。
その力は誰でも出来ることではない。


ぼくはジョンのうたを簡単には聴けない。
ジョンの音楽を聴くのに、気持ち的にすごくパワーが必要なんだ。
でも、この地を訪れて、しばらくはジョンな日々をおくる。
ぼくはこの地で力をもらうのだ。

この地がなくなっても、彼はこう言うんじゃないかな?
「この地は誰の心にもあって、その心はずっと続いていく」と。
それは少しきれいごと過ぎるのかな。

いいのだ。

ジョンはぼくの心で生きている。


ミュージアムの最後の部屋は、その名の通り、「ファイナルルーム」。
今日はほんの少し感傷的な気分にもなって、ほんのちょっと涙も出そうになったんだけど、
ここは「最後の部屋」ではなくて、「始まりの部屋」なんだと思う。


ぼくはジョン・レノンが好きだ。


2010-08-01 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

Author:gabba-king

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。