スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

no.205

ハル、メイ、ひーと花火をやる。

最近、メイがやりたがっていた。


腰がひけたまま、
おそるおそる花火に火を点けるハル。

花火に火がついた途端、
花火をぶん回すメイ。

ぼくは、
噴射式の花火を並べて、
順番に火を点ける。

ぼくの身長より高く噴きあがる。


いつの間にか、
花火に色んな想いを重ねることもなくなった。

ぼくの気持ちは内から外へ。
年々強くなっていく。


最後に4人で線香花火をする。

可愛らしく火花散る。

それは、
ただただキレイだった。
スポンサーサイト
2011-06-25 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.204

平日休み。

なかなか起きれなくて、
ベッドから出たのは11時。

ハルとメイが幼稚園から帰ってくるまであと30分。
ひーはあくせくと部屋片付け。

今日は暑い。
猛暑。


午後。
ハルはピアノ教室へ。

ぼくとメイは、
コンビニでアイスとお菓子を買って、
ハルのピアノ教室の前で座り込む。

日に日に、
メイと会話のキャッチボールが出来るようになってきた。

今ぼくは、
メイと話しているときが、
楽しくて仕方ない。


ハルのピアノが終わったあと、
テレビ台とハルの水着を買いに、
IKEAとららぽーとへ。

平日は空いている。

ぼくとひーが2人揃うと、
デザイン重視のまるで機能性がないものを買ってしまう。

テレビ台も、
危うくキャビネットを買いそうになった。

店員さんに当たり前のことを聞く、
少し頭の弱い夫婦。


夜中。
テレビ台を組み立てる。

oasisを聴きながら、
小さい頃のプラモデル作りと同じ要領で組み立てる。

久しぶりに、
家の中で父親っぽいことをしている気がする。

完成。

充実感いっぱいで寝る。
2011-06-22 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.203

テレビを買う。

今まで使っていたテレビは、
メイが生まれる頃に買ったと思う。

メイがまだ小さかったから、
テレビに向かってアタックすることを想定して、
大手メーカーではない安価品にした。

その時、
「いずれ地デジになるから、
そのときにいいヤツを買おう」
なんてことを言った。


あれから数年。

ぼくにとってのいいヤツを買う時が来た。


ハルとメイの攻撃に耐え、
頑張り続けた我が家のテレビは、
音量調節がうまくいかない体になりながらも、
二人のの成長を見守り続け、
ついに引退を迎えた。

おつかれさま。
と言いたい。
2011-06-19 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.202

雨の日の土曜日。

今日はどこにもいかない。

なんとなく、
そう決めた一日。

部屋を片付けたり、
昼寝をしたり、
ハルとメイとトランプしたり、
紙芝居を作ったり。

雨とぼく。
相思相愛。
そんな一日。
2011-06-18 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.201

5時半に起きる。

ハルの腹痛は治まっている様子。

お泊りは出来なかったけど、
6時に幼稚園に合流。

ハルは、
楽しみにしていた、
幼稚園での朝食作りに行った。

ぼくは仕事へ。


ぼくは、
ハルが昨日泊まれなかったことを、
悔やんだりしていないか少し心配だったけど、
さっき電話でハルと話したら、
元気な声が返ってきた。

ぼくの心配は、
杞憂に終わる。

良かった。

良かった。

ぼくは、
嬉しい気持ちでいっぱいになる。


ただ一つ。
さっきの電話で、
メイが、
「しんくんのハナクソ お尻」
と言ったことだけは、
気になっているけど。
2011-06-17 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.200

ハル。
数日前から嘔吐と下痢と熱。

今日は年長のお泊り会。
幼稚園生活3年間の一大イベントの日。

ハルは行けそうにない。

行かせてやりたい気持ちと、
行かせられない現状。


さっき、
ひーにハルの状況を聞いたら、
今日も下痢がおさまらないようだ。

ハルが自分で、
「今日は行かない」
と言ったらしい。

ぼくがハルだったら、
「行きたい、行きたい」
と泣きながら親を困らせているだろう。

たぶん、
半日は泣いてるな。


泣かないことが良いとは思ってない。

ただ、
辛いことがあったなら、
同じくらい楽しいことがあったらいい。
と思っている。

同時に、
楽しいことがあったなら、
同じくらい辛いことが必要だとも思っているけど。


ハル。
お泊り会は無理だけど。
お泊り会の代わりにはならないけど。
お前が行きたがっているサファリパークには連れて行くぞ。

車の運転は、
父さんじゃないけどな。
2011-06-16 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.199

「下妻物語」と「告白」を観る。
どちらも監督は中島哲也。

あまりにも作風が違う二つの作品。

「下妻物語」には未来に向けた現在があり、
「告白」には過去に縛られた現在がある。

どっちが良いとか悪いの話しではない。

ただ、
過去に縛られて生きるのって、
辛いよな。
2011-06-13 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.198

素敵な人に出会った。
その名は吉本隆明。

早速ぼくは本屋に走り、
彼のことが書かれた本を買う。

彼の言葉を追いかける。

今ぼくは、
とてもワクワクしている。
2011-06-11 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.197

誰かに迷惑をかけずには、生きられない。

「迷惑をかけずに生きなさい」
ではなく、
「迷惑をかけるのだから、
親切に、感謝して、生きなさい」
だな。
2011-06-11 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.196

6月9日。

ひーと結婚した日。
あれから6年。

毎年恒例の2人だけの記念撮影を
駅の構内で行う。


証明写真。

誰に何の証明をするわけでもないけど、
ぼくは、
この証明写真で撮るという行為を気に入ってる。


3パターン撮影して、
その中の1つをハルに選んでもらう。

ハルは、
ぼくとひーが一番ふざけた顔をしてる写真を選ぶ。

「他の写真にしない?」
と交渉してみたけど、
ハルは断じて譲らない。


この一年間、
ぼくが財布を出すたびに見る写真は、
ふざけた顔の2人に決まった。

ちょっと笑ってしまう写真。
それも悪くないな。
2011-06-09 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.195

昨日、録画しておいた日本対チェコを観ずに寝る。

今日、観ようと思う。

結果はまだ知らない。

ぼくの中では、
まだ試合が始まっていないのだ。


世の中のことで、
ぼくだけが知らなくて、
みんなが知っていることってなんだろう。

未だに、
結婚式やお葬式でどうすればいいか分からないし。
車の免許も持ってないから、
交通ルールは信号しか分からない。
仕事でも名刺の交換は苦手だし。
税金のこともよく分かってない。
すい臓が体のどこにあるかも分かってない。


止まらなくなってきた。
まだまだたくさんある。


とりあえず、
今日のところは、
昨日のサッカーの試合結果を知ろうと思う。
2011-06-08 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.194

6/4&6/5。
頂フェス2011。
静岡県の吉田公園。

空。
芝生。
ビール。
音楽。
キャンドル。
積木。
凧上げ。
子供たち。

てるてる坊主は役目を果たし、
ぼくは贅沢な2日間を過ごす。


日に焼けた首と肩が痛い。

でも、
痛みを感じる度に甦る最高な時間たち。

嬉しい痛みって、
こういうことなのかな。


来年に向けて、
一年突っ走ろ。
2011-06-06 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.193

ある女の人の話。
恋人への別れ話。

「あなたのこと凄く好き。
でも、将来のことを考えると、
あなたとこれ以上は付き合えないの。
私は将来、結婚したいし、子どもも欲しいの。
その為には安定した生活が必要なの。
あなたのこと大好き。
10年付き合ったけど、
別れましょう。」

安定ってなんだ?

そんなの何処にもないし、
分からない。

と思って生きてきた。

今もそう思って生きている。


納得してるわけじゃないけど。

なんとなくだけど、
その女の人の気持ちになれた。

そんな日。
2011-06-03 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.192

梅雨のジメっとした日。
外は雨。

「今度の土日は晴れるように」
と願いを込めて作ったてるてる坊主は、
約束を守っているようだ。

いま晴れてしまったら、
土日が雨のような気がしてならない。


雨の日は、
いつもより自分の心をノックしたくなる。

雨はいつだってぼくを饒舌にさせる。
会話の相手はぼくだけど。


ぼくがぼくと会話をしようとしたとき、
桂枝雀さんの言葉が頭をよぎる。

「“気が寄る”というか。
自分のことを、思い過ぎるんですね。
でも、実は自分を思うことが自分を滅ぼすことなんですね。
人を思うことが、本当は自分を思うことなんです。」

胸に刺さる言葉だった。

会話はやめ、やめ。


自分をなくすことが、自分を創る。
そんな風に思ってみることにしたんだ。

誰かのことを想う。
それはとても素敵な行為。


2011-06-02 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.191

3日連続で6時前に起きる。

さすがに眠い。

今、ぼくの脳みそは止まってる。

考えることを放棄している。

なんだか気持ちいい。

景色、音楽、思考回路。
全てが同化した感覚。

こんなことを言ってる時点で、
半分寝ているのかもしれない。


今日は、
早く寝よう。

あれ?

早く寝たら、
また早く起きちゃうな。

いや、
そんな訳はない。

ぼくは寝るのが大好きだ。


2011-06-01 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

gabba-king

Author:gabba-king

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。