スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

no.236

過去は変えられない。
未来はコントロール出来ない。

だから、
今、出来ることを精一杯やる。


もちろんね。
過去の財産。
未来の予測。

このことも頭には入れておくけどね。

もっともっと精神的な話し。
スポンサーサイト
2011-08-28 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.235

今日は土曜日。
だけど仕事。

来週からハルとメイの幼稚園がはじまる。

夏休み最後の思い出に、
ぼくは花火をやろうと思う。


早く帰りたい気持ちを抑えながら、
ぼくは電車を待つ。

ホームに吹く風は、
ちょっとだけ秋の匂いを運んでくる。

せつな花火じゃなく、
さびし花火でもなく、
ワイワイ花火で決まりだな。
2011-08-27 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.234

夏休み最後の一大イベント。
ディズニーランドへ行く。

夢のような世界で夢を見る。

みんな目がキラキラしている。

夢いっぱい。
胸いっぱい。
お腹もいっぱい。

ぼくら今年もずぶ濡れ。
2011-08-25 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.233

たこ焼きパーティ。

昼食。
ぼくは初めてたこ焼きを作る。
うまいこと丸く焼けなくて、
ちょっと悔しい。

夕食。
ぼくは2度目のたこ焼きを作る。
リベンジに燃える。
まんまるに焼ける。
かなり嬉しい。

たこ焼きパーティ。
くせになりそう。
2011-08-21 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.232

「今日、横浜美術館で、親子で絵の具とか粘土遊びが出来るんだよねー」

ひーのそんな言葉で目が覚める。

「何時から?」
「10時から」

10時まであと1時間半。
車で片道1時間。

目が覚めてから15分後。
パジャマ姿のハルとメイを乗せた車は走り出した。


美術館10時着。

早速、ぼくらは土の粘土をこねる。こねる。
そして、
手の平や足の裏に絵の具を塗りたぐって、
あちこちに絵を描く。


子どもたちの創造力はすごい。

この感覚は、
何かと引き換えに、
ちょっとずつ薄れてしまうんだろう。

ハルとメイにずっと持ち続けて欲しい感覚。

難しいんかな。

とりあえず、
素晴らしい作品をカメラに収めておこう。
2011-08-21 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.231

ひーはパン教室。
今日は7時間コース。

ハル、メイと三人で過ごす休日。

朝食はホットケーキ。
焼き上がるそばからなくなっていく。

午後になって、町田をぶらぶら。

ハルとハンズでナノブロック作りに夢中になる。
ぼくは自分の不器用さを再認識しながら、
小さな豚を作る。


その後、
ひーと合流して、夕飯を食べてから家に帰る。


花火をやろうと思ったけど雨で中止だ。

予約した星野源の新譜が楽しみだ。

好きだった古着屋が閉店しちゃって残念だ。

帰りの電車が、
藤子・F・不二雄のキャラクターが描かれていて、
すごく嬉しかった。


嬉しいとか残念な気持ちとか。
ちょっと混ざって気持ちいい。

そんな一日。
2011-08-20 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.230

今日は家族でお好み焼きパーティ。

今日はどこにも出掛けない。
だって、
パーティだから。

パーティはいつだって楽しい。

次はたこ焼きパーティだな。
2011-08-14 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.229

毎度のことながら、
どこへ行くか決まっていないまま陽は昇る。

相変わらず、予定は未定。

そして、
思いつきだけを頼りに、
ぼくらは八景島シーパラダイスへ行くことにする。


そこはパラダイス。

たくさんの魚。
水槽のトンネル。
イルカたちのショー。
ペンギンやサメに触れてみたり。

ハルもメイもずっと喋り続けている。
ハルはスキップまで披露している。

ぼくも楽しい。
そして、嬉しい。


夜。
花火が打ち上げられた。

追悼。
復興支援。
そんな意味を持った花火。

花火を見ていたら、
思いがけず、
ギュウッとなって溢れた。

溢れたものがなんなのか。

ぼくから溢れるものなんて、
大きな悲しみを背負った人たちに比べれば、
アリンコみたいなもんだ。

それでも、
溢れてきた。

こんな花火を見るのは初めてだ。

ぼくの膝に座るメイの瞳はどこまでもまっすぐだ。

瞳が花火で彩られている。


まっすぐに、
優しく、
強く、
生きたい。

ぼくは、
この瞬間の幸せをかみしめる。


忘れられない。
そんな一日になった。

また来よう。
今度はちゃんと予定に入れて。
2011-08-13 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.228

転職して2週間が過ぎた。

周りの人に助けられながら、
日々過ごしている。

通勤時間が少し延びたこと。
寝るのも起きるのも早くなったこと。
スーツを着なくなったこと。
今のところ、毎日ヒゲを剃っていること。
昼食がドトールからサンマルクカフェに変わったこと。

ちょっとずつリズムを掴み始めた。

いっぱいいっぱいなのか、
そうじゃないのかなんて、
自分じゃ、分からない。

たぶん、
ひーしか分からない。

とりあえず、
やれることを一生懸命に。


いつもよりほんの少し空いた電車。

今日あたりから夏休みの人もいるんだろう。

ハルとメイは夏休み真っ盛り。

この土日は何をしようかな?
2011-08-12 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.227

新しい生活。
最初の一週間が過ぎた。

肩に力が入ったり、
ホッとしてみたり。

懐かしかったり、
戸惑ったり。

良い経験。
脳みそが熱々だ。

大変でも、
心にゆとりがあればダイジョウブ。
2011-08-05 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

gabba-king

Author:gabba-king

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。