スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

no.252

金曜ナイト。

仕事が終わって駅に着くと、
人身事故で電車が止まってた。

線路沿いの道。
乗り換えをする隣駅まで歩くことにした。

歩いていると、
止まっていたはずの電車がぼくを追い越していく。

ぼくらしくて少し可笑しくなる。

来週から寒くなるらしい。
一駅歩いてジンワリ汗をかいたぼくには、
まるで実感がない話し。

あちい。
スポンサーサイト
2011-09-30 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.251

「DAYDREAM BELIEVER」

今年LIVEで最も聴いた歌。

「ずっと夢を見て、安心してた」

何でもない日々の中にいる幸せ。
意識しなければ気付けないぼく。

いつか、
今のことを、
夢のような日々だったと思う日が来るんだろうか。

そんな日が来ないように過ごしたい。


過去との比較。
他人との比較。

色んな比較が、
今ある幸せをボケさせる。

もっと鈍感でありたい。
気配りの出来る鈍感な人でありたい。


達観するにはほど遠く。
欲張りなぼくはこれからも右往左往する。

そんな時は、
この歌を歌おう。
2011-09-27 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.250

音楽フェス「ぐるぐる回る」に行く。

場所は埼玉スタジアム2002。

忘れらんねえよ。
Wack Wack Rhythm Band。
THEラブ人間。
カジヒデキ。
かせきさいだぁ。
タカユキカトー。
ホフディラン。
曽我部恵一BAND。

カジヒデキのステージに癒さた。
念願のホフディランの「欲望」を生で聴けた。
そして、
聴きたいと思っていた曽我部恵一BANDの「STARS」が聴けた。

楽しい時間はあっという間に過ぎる。

フェスが終わる。
誰もいないスタンド。
星がキラリ。
気持ちは昂ぶったまんま。

我が家の今年のフェスめぐりは一旦終了。

楽しかった。
2011-09-24 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.249

ぼく、ハル、メイ三人で過ごす休日。

どこかへ行きたくて、
ぼくらはランドマークタワーへ行くことにした。

初めてのポケモンセンター。
二人とも陳列された商品やディスプレイに釘付け。
そんな二人にぼくも釘付け。

外に出ると広場にはたくさんの人集り。
その視線の先には大道芸をする男の人と女の人。
ぼくらも腰をおろして、
繰り広げられる様々なアクションに夢中になる。

ハルが大きな声を上げる。
メイは固まっている。

今まで見た、どの大道芸よりも素晴らしくて、
ぼくは少し泣きそうにすらなった。

大道芸を見て泣きそうになるなんて、
少しどうかしてるのかな?なんて思ったけど、
感動するもんは感動する。

川原彰さんと奥田優子さん。
またいつか見たい。


帰宅後、
腕をふるってレトルトカレーを温めているところに、
稼ぎに出ていたひーが帰って来た。

今日一日のことを矢継ぎ早に話すハルとメイ。

ひーとぼくのポジションがいつもと逆になった日。

おかしくもあり、変な気分でもある。
2011-09-23 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.248

歩けばいいや。
野宿したっていいや。

いつもどこかそう思っている。

学生のとき、
小田原から京都まで歩いたことが、
そんな気持ちにさせるんだろう。

人でごった返した駅を見ながら。

風がなまあたたかい。
2011-09-21 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.247

音楽フェス「勝手にウッドストック」に行く。

相模湖の湖畔。
ボートに乗ってライブ会場へ行くだけでテンションが上がる。

ボートから降りると、
楽器を演奏しながら出迎えてくれる人たちがいた。
そんな中、
ぼくは目に映る景色を見て、
「13日の金曜日」を思い出していた。

いずれにしてもドキドキだ。

山、川、湖。
自然に囲まれている。

しばらく音楽を聴きながら、まったり過ごしていたら、
ハルが山のほうを指して、
「探検したい」と言い出した。

たまたま近くに「滝はこちら」的な看板があったから、
ぼくとハルとメイは滝を目指すことに。

道とは呼べない道を進む。

お金では買えない価値がある。
そんな気持ちで進む。

ビーチサンダルで来たことを大いに悔やみながら進む。

園児にはちょっとキツい探検度100パーセントの道を。

ハルとメイに、
ぼくのことを「お父さん」ではなく、「隊長」と呼ぶように言ったのに、
二人とも「船長」と呼んでいる。
何度訂正しても「船長」と呼ぶ。

ほくは、
山にいるんだか海にいるんだかよく分からない気持ちになりながら進む。

そして、
30分くらい登り続けて、
ようやく滝に着く。

期待していたより滝は小さかったけど、
ハルとメイの心には何かが残ったんじゃないかと思う。

達成感でも、
「もう嫌だ」という気持ちでも、
何でもいい。
何かが残れば。


・・・と、
これではまるで音楽フェスに行ったんじゃくて、
滝を見に行った話しになってしまう。

違う。
ぼくはフェスに来たんだ。


泥まみれのズボンをはいたぼくは、やっとフェスに合流する。

The NO PROBLEM's。
キヨサクの歌。
優しい。抱擁力。響く。届く。

仲井戸 麗市。
歌詞が、曲が、歌が、
ぼくの中にスッと入って来て、
中で爆発しているような感じ。

音楽って、いいな。


陽が暮れて、フェスが終わる。
スワンボートがぼくらを迎えに来る。

夏休みのやり残しを凝縮したような、そんな一日だった。
2011-09-19 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.246

横浜へ。

トライアスロンの影響か、AIR JAMの影響か、
駐車場はどこも長い列を作ってる。

ワールドポーターズと赤レンガをぶらぶら。

そして、
時間は20時。

スタジアムからは、ハイスタの歌が聴こえる。

目を閉じて想像する。

まるでスタジアムの中にいるような感覚。


駐車場に向かう途中。
信号待ちのぼくとひーの背中には、
最後の歌「Brand New Sunset」が流れる。

ぼくとひーは振り向いて、
その歌を吸い込んだ。

何を叫んだかはよく覚えてない。

残っているのは感動したということ。

何日も何日も続きそうな感動。
2011-09-18 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

no.245

開店前のヨドバシカメラ。
長蛇の列。
100人以上は並んでる。

ぼくもそこに並ぶ。

今日は色んな商品が発売したり入荷したりするんだろう。
ぼくも入荷待ち商品を買いに来たひとりだ。

何かを手に入れるために、
開店前のお店に並ぶのは初めてのこと。

ぼくの目当ての商品は、
20個入荷するようだ。

並んでいる人全員が、
ぼくが欲しいものを買うわけじゃないんだろうけど、
手に入るのかちょっとドキドキ。

そして、
30分ほどしてレジへ。
ぼくは手に入れた。
仮面ライダーフォーゼのベルトを。

今年はクリスマス前の変な悩みを持たなくて済みそうだ。

ハルとメイは、ぼくより多くのベルトを持っている。
たまにでいい。
借りることが出来ればいいのにな。
2011-09-17 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.244

7月以来の三連休を迎える。

休みだけど早起き。
睡眠チャージも満タン。
天気もいい。

さて、何をするかな。
ウキウキ。
2011-09-17 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.243

脈絡のない言葉をつらつら書く。

節電や原発を反対するってことは、
電気代が値上がるってことなんじゃないかと思うし、
それは震災直後から覚悟していた。

意識したことはないけど、
たぶんぼくは原発というやつをすごく利用していて、
たぶん色んな楽を手にしてきたと思う。

それは現時点も変わらない。

「原発は反対します。
値上げを受け入れません。」
なんてことのほうが、
よっぽど都合良く、無責任に見える。

原発を反対したり、少しでも電気に頼らない生活を望むなら、
電気代を値上げればいい。
もっともっと値上げればいいんじゃないかと思う。

そしたら、
ぼくらは今よりもっと電気を使わない生活になるだろうし、
そうせざる得なくなる。

それで本来の目的を達成できるなら、バンザイじゃないか。


少なくとも震災直後より今の方が節電に対する意識は少ないと思う。

継続的な出費が増えるなら、
意識も継続する。

値上げに対する批判を目にすると、
結局のところ、
自分の生活は変えずに、
原発を反対しているという都合良いものを望んでいるように見えてしまう。

誰かが甘い蜜を吸おうが、吸うまいが、
そんなことはどうでもいい。

そんなのは、
「あの人ズルい」という話しと似ている。

ズルいとかズルくないとか、
どうでもいい。
何が解決するんだろうか?


未曾有ってどういうことなんだろ?
未曾有の事態に対応できる会社があったら知りたい。

ぼくは思う。
仮に震災がなくて、
ある日突然、手品のように原発がこの世から無くなってしまうようなことがあったら、
世の中では「原発を早く作れー」って声が多いんじゃないかってことを。


「原発反対」は好きじゃない。
「他のエネルギーを使っていこう」であって欲しい。
二つとも着地点は同じなのかもしれないけど、
言葉の持つ意味は大きく違う。

批判や否定ではなく、
良いものをすすめて行けば良いなと思う。


東電を批判する言葉を目にするたびに、
東電で働く親の子どもたちがイジメにあってないか心配になる。
誇りに思っていたお父さんの会社が批判を受ける子どもの気持ちを考えると胸が痛む。


未来を考えることは大切だ。
でも、
今起きていることに目をむけないと。

ぼくは漠然としか未来を考えられないし、
リアルに感じることが出来る未来は、せいぜい80年程度だ。
ハルとメイが生きてる間のこと。


ぼくは、
地球のことや電気のことよりも家族や生活が大切だ。
そして、お金も大事だ。

まだまだ原発に頼って生きていく。

「原発を利用 電気代は今と同じ」
と、
「原発以外のエネルギーを利用 電気代は今の10倍」
だとしたら、ぼくはきっと原発を選んでしまうんだろう。

もちろん、
ぼくが望んでいるのは、リスクの少ないエネルギーへのシフトではある。


ぼくは、
本当の意味で被災者ではない

原発から離れたこの地で、
放射能に過敏になる人がいる。

もちろん、ぼくだって子どもがいるから心配だ。

でも、それは心の中にとどめておくことだと思うし、
例えどんな場面においても、
離れた地にいるぼくは発言すべきではないと思う。

だって、
離れた地にいるぼくが過敏になるってことは、
原発の近くにいる人たちの不安を一層仰ぐだけだから。

何倍もの放射能の近くにいる人たちが、離れた地のぼくらの発言を見て、どう思うんだろか?

どんなに寄付しようとも、
不安を煽った発言を見ると、
なんだかな。と思ってしまう。

原発はすぐには解決しないこと。
それよりも、
生活が全く変わってしまった人たちがどんな気持ちでいるかを想像し、
配慮することのほうが優先順位は高いと思う。

あれから半年。
未だに何をすべきか。
どうあるべきか。
迷っているぼくがいる。
2011-09-16 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.242

たぶん風邪をひいた。

意識したら負け。
シカトしよう。

知らんぷり。
2011-09-13 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.241

中秋の名月。
らしい。

仕事帰り。
駅のホームの窓からチラリと月が見える。

まんまるだ。
ぼくは乱視だけど、
まんまるぐらい分かる。
まんまるだ。

ひーとだんごでも食べようと思ったのに、
どこも売り切れだった。

それでも、
うさぎは餅をついてる。
2011-09-12 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.240

夕飯を食べながらコクリコクリとメイは眠る。

眠ったまんまのメイを風呂に入れる。

そのあと、ハルと二人きりで風呂に入る。

いつも兄弟一緒だから、
ハルと二人きりになることはほとんどない。

二人きりだと、ゆっくり話せる。
ちょっと嬉しい。

次はメイとゆっくり話すか。

息子たち。
ではなく、
ハルとメイ。
2011-09-11 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.239

ハルのランドセルを買いに行く。
デパートにはたくさんのランドセルが並んでいる。

機能的だったり、
素材が良かったり、
縫製が良かったり。

色もさまざま。
我が家の歯抜けのクーピーより
色が豊富だ。
どうしても、黒か赤だろ?と思ってしまう自分がかなり古い人間に思えてきてしまう。


試しにランドセルを背負うハル。

やるじゃないか。
まるで小学生に見えるじゃないか。

息子の成長が嬉しいかい?
息子が成長するのが寂しいかい?

そんなんじゃない。

ハルの口元から零れる笑みを拾ってフタしてとっておきたい。

ただそんだけ。
2011-09-11 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.238

タンクトップで過ごしてみたり、
上着をはおってみたり。

アイスを食べてみたり、
肉まんが食べたくなったり。

どっちつかずというよりも、
行き来ができる。

ちょっと楽しいとき。

青紫の季節。
2011-09-09 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.237

今日はぼくが好きな音楽家たちのCDが発売する日。

bonobos、在日ファンク、OKAMOTO'S、Laika Came Back。

全部欲しい。

何もこんなにまとまって発売しなくたっていいじゃないか。
と、嬉しい嘆き。

家族会議の末、
まずは在日ファンクを買うことにする。

9月は新譜祭り。
楽しみ。
2011-09-07 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

Author:gabba-king

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。