スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

no.329

夜の動物園。
ナイトズーラシア。

昼間はあんまり動かない動物が動いていたり、その逆だったり。

最後に見たチンパンジー。
木の上からジッとこっちを見ている。
達観したような落ち着きを放ち、
全てを吸い込みそうな瞳でジッと。

ジーッと。

また会おう。
スポンサーサイト
2012-07-29 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.328

夕方。
ハル、メイと散歩。

誰もいない神社。
お賽銭のないお願いは聞いてくれるのかな?神様。

2つの揺れたブランコを残したまま、
ぼくらは次の目的地へかけだした。

かき氷。
メロンとイチゴ。
ハルの舌は緑。
メイの舌はなんとなく赤。
ぼくの舌は緑と赤が混ざった汚い色に違いない。

さて、帰ろう。
カレーの匂いいっぱいの家へ。
2012-07-28 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.327

髪を切る。

整った顔の美容師さんの手の皮はボロボロにむけている。

ぼくはその手から、
一生懸命とかひたむきとか、
努力とかプロとか、
そんな言葉を連想してしまう。

いつもより気に入った。
2012-07-28 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.326

メイ、はじめてのおつかい。
ハル、はじめての発表会。

2人のはじめて。
経験、成長。
ぼくはドキがムネムネする。
2012-07-22 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.325

ピアノにはシューマンの楽譜。
子供の情景。

kinderszenen op. 15 no. 1

音数は少ない。
ただ弾くだけなら難しくはない。
でも一音一音が持つ意味は深い。
よって上手く弾くことは難しい。

いまのぼくにはただ弾くことすら難しいけど。

「あ、間違えた」
「ここはこっちか」

ピアノを弾くと独り言が増える。

少し休憩。
ぼくがピアノから離れると、今度はひーが弾きはじめる。

「あ、間違えた」

ピアノの前からはおんなじ独り言が聞こえる。
ぼくだけじゃないんだな。
可笑しくなる。

久しぶりにオーパスと呟いた日。
ピアノは楽しい。
2012-07-21 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.324

昨日のこと。
家に帰るとドアの前にアサガオの鉢が置いてあった。
ハルが学校から持って帰ってきたアサガオ。
月の下のアサガオは少し神秘的。

今朝のこと。
ドアを開けると脇にはアサガオ。
背中の方でハルはシュガートーストを頬張っている。
太陽の下のアサガオはキラキラしていた。

アサガオからの便り。
ハルとメイの夏休みはすぐそこだ。
2012-07-19 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

no.323

始発で帰る。土曜日の朝。

シャッターが閉まったパン屋の前。
パンを焼く香ばしいかおりがぼくの鼻先をかすめる。

雨は上がった。
アスファルトからも同じ匂いがしてきそうだ。

今日から三連休。
2012-07-14 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

gabba-king

Author:gabba-king

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。