スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

no.116

眠っているぼくをハルとメイが起こす。

「今日、バレンタインするんでしょ?」

ひーがハルとメイと一緒にチョコを作ることを約束していて、
すごく楽しみにしているみたいだ。

彼らにとってバレンタインはクリスマスと同義語。

そして、今日から始まったゴーカイジャーより重要な様子。


昼飯のあと、
ハルとメイは念願のチョコ作りを開始。

ハルは楽しそうに作っている。
メイは嬉しそうに食べている。

食べている…。

何度か見返したが、
やっぱりメイは作り途中で食べている。

口の周りは、
チョコだらけ。

時折、ひーに注意されながらも、
やっぱりメイは食べている。

口の周りは、
ドリフのコントの泥棒のヒゲのように。

ぼくはアウトボクサーのごとく、
メイとの距離を保ちながら、
飛び込んできたらカウンターパンチを決めることだけに神経を集中させる。


しばらくして、
チョコが出来上がる。

そして、
「バレンタインはじめようよ」
とハルが言う。


クリスマスと同じように、
テーブルを囲みながら、
人生初のバレンタインの会を始める。

「なんじゃこの会は?」
と内心思いつつも、
「良い会だな」と思ってみたり。


ハルの恋のはじまりとともに消えるであろうこの会。

来年はあるのかないのか。

どっちでもいい。

ただ、
恋はいいもんだ。


恋せよ5歳児。
2011-02-13 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

gabba-king

Author:gabba-king

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。