スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

no.229

毎度のことながら、
どこへ行くか決まっていないまま陽は昇る。

相変わらず、予定は未定。

そして、
思いつきだけを頼りに、
ぼくらは八景島シーパラダイスへ行くことにする。


そこはパラダイス。

たくさんの魚。
水槽のトンネル。
イルカたちのショー。
ペンギンやサメに触れてみたり。

ハルもメイもずっと喋り続けている。
ハルはスキップまで披露している。

ぼくも楽しい。
そして、嬉しい。


夜。
花火が打ち上げられた。

追悼。
復興支援。
そんな意味を持った花火。

花火を見ていたら、
思いがけず、
ギュウッとなって溢れた。

溢れたものがなんなのか。

ぼくから溢れるものなんて、
大きな悲しみを背負った人たちに比べれば、
アリンコみたいなもんだ。

それでも、
溢れてきた。

こんな花火を見るのは初めてだ。

ぼくの膝に座るメイの瞳はどこまでもまっすぐだ。

瞳が花火で彩られている。


まっすぐに、
優しく、
強く、
生きたい。

ぼくは、
この瞬間の幸せをかみしめる。


忘れられない。
そんな一日になった。

また来よう。
今度はちゃんと予定に入れて。
2011-08-13 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

gabba-king

Author:gabba-king

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。