スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

no.247

音楽フェス「勝手にウッドストック」に行く。

相模湖の湖畔。
ボートに乗ってライブ会場へ行くだけでテンションが上がる。

ボートから降りると、
楽器を演奏しながら出迎えてくれる人たちがいた。
そんな中、
ぼくは目に映る景色を見て、
「13日の金曜日」を思い出していた。

いずれにしてもドキドキだ。

山、川、湖。
自然に囲まれている。

しばらく音楽を聴きながら、まったり過ごしていたら、
ハルが山のほうを指して、
「探検したい」と言い出した。

たまたま近くに「滝はこちら」的な看板があったから、
ぼくとハルとメイは滝を目指すことに。

道とは呼べない道を進む。

お金では買えない価値がある。
そんな気持ちで進む。

ビーチサンダルで来たことを大いに悔やみながら進む。

園児にはちょっとキツい探検度100パーセントの道を。

ハルとメイに、
ぼくのことを「お父さん」ではなく、「隊長」と呼ぶように言ったのに、
二人とも「船長」と呼んでいる。
何度訂正しても「船長」と呼ぶ。

ほくは、
山にいるんだか海にいるんだかよく分からない気持ちになりながら進む。

そして、
30分くらい登り続けて、
ようやく滝に着く。

期待していたより滝は小さかったけど、
ハルとメイの心には何かが残ったんじゃないかと思う。

達成感でも、
「もう嫌だ」という気持ちでも、
何でもいい。
何かが残れば。


・・・と、
これではまるで音楽フェスに行ったんじゃくて、
滝を見に行った話しになってしまう。

違う。
ぼくはフェスに来たんだ。


泥まみれのズボンをはいたぼくは、やっとフェスに合流する。

The NO PROBLEM's。
キヨサクの歌。
優しい。抱擁力。響く。届く。

仲井戸 麗市。
歌詞が、曲が、歌が、
ぼくの中にスッと入って来て、
中で爆発しているような感じ。

音楽って、いいな。


陽が暮れて、フェスが終わる。
スワンボートがぼくらを迎えに来る。

夏休みのやり残しを凝縮したような、そんな一日だった。
2011-09-19 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

gabba-king

Author:gabba-king

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。