スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

no.94

2010年。
よく聴いた歌をババっと振り返り。


Let The Beat Carry On/Ken Yokoyama
→コラムを読んで、彼を好きになって、それからアルバム4枚全部聴きまくったね。
狂ったように。
彼と彼の音楽に出会えたことが今年一番の収穫。


ありあまる富/椎名林檎
→胸にグッと。仕事帰りの電車ん中で泣きそうになったな。


今日の残高/ECD
→ラップ。ストレートな歌詞はストレートに胸に突き刺さる。
回りくどい歌が苦手になったのは年齢からくるものか。
学生の頃、歌詞がよく分からないフリッパーズ・ギターが大好きだったぼくがラップを好きになったのはちょっとした私的事件。


恋人たち/サニーデイ・サービス
→祝復活。
CDの再生ボタンを押す瞬間のドキドキは久しぶり。
そして、記念すべき一曲目がこれ。
変わったのは彼らなのか、ぼくなのか。そんなことを思った一曲。


恋をしようよ/OKAMOTO'S
→セクシーなボーカル、曲、演奏。
テレビでチラっと観た瞬間直後にパソコンで検索してたな。一目惚れ。
この先の作品が楽しみなバンド。原曲はルースターズ。
しかし、10代って。やりたいだけ!


魔法のじゅうたん/くるり
→岸田のひょうひょうとした声。好きだな。
三ヶ月に一回はくるりモード。


Frozen Time/Cubismo Grafico Five
→駆け抜ける24曲入りのアルバム「Double Dozen」の中の一曲。
アルバム通して一曲って感じだから一曲選ぶのは違うかもしれないけど、一番キュビ5っぽい曲。
聴いてるだけでハッピー。
ひーと結婚前に行ったLIVEを思い出す。
チャーべ天才。ベースの村田シゲ氏を歌った「Wake Up Shige!」も好き。


ある光/小沢健二
→復活LIVEは事件だったな。
久しぶりの彼の音楽活動再開はぼくの中で眠っていたオザケン魂を呼び起こすには十分過ぎた。
LIVEは行けなかったけど、今年は久しぶりに色々と聴いた。
その中で一番聴いたのはこれ。なんか力湧く。


ハミングライフ/HARCO
→年々HARCO離れが進んでいたけど、今年リリースした「Lamp&Stool」は数年前の彼の作品を彷彿させる内容。
ピアノ上手くなったな。
この曲はGOING UNDER GROUNDのカバーらしいが原曲は知らない。名曲だ。


プカプカ/西岡恭蔵
→しびれる。かっこよく歌いこなせるようになりたい歌No.1。
カラオケに行ったら毎回歌うね。あんまり行かないけど。


50年後も/KAN
→KANの歌を聴いてると好きな人を骨折するほど抱きしめたくなる。
傷害事件にならない程度で聴かねば。
永遠のジャパニーズ・ピアノマン。


ROCK BAND/Dragon Ash
→かっこいいな。歌詞もグッとくる。
ぼくがバンドマンならこの曲の好き度は100倍界王拳だったかも。
でも、そんなの関係なしに名曲。


と、なんとも統一感のない曲たち。
絶対にコンピにならないな。

年々ストライクゾーン広がりっぱなしの開脚前転ヨロシク、
または開脚後転途中でストップな感じ。

Ken YokoyamaとECDはその人を好きになってから音楽も好きになって、
「誰が歌ってるか」が重要なんだなって今更ながら気づいたし。

そして、サニーデイとオザケンは復活。
ある意味、キュビ5とHARCOも復活って感じだったし。


2011年も同じような顔ぶれか、
新しい出会いがあるのか。

楽しみだな。
2010-12-23 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
歌の背景って重要だよね。
誰がどういう気持ちで歌っているかで
響き方が全然違うもの。
結局、人間だなぁ。
とか、あいだみつおみたいな思考に
なってきたのも歳を重ねたからかな。

来年も良き音楽ライフを!
2010-12-24 01:05 : モク URL : 編集
やっぱ人だねぇ。
人間だもの。笑。
ジャンルに拘らず、年々音楽を聴くのが楽しいね。

これからも、おすすめCDを日記にUPしてねー。

楽しみにしてるよ!
楽しみに
2010-12-28 12:54 : gabba-king URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

gabba-king

Author:gabba-king

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。